コールセンター業務で在宅勤務・テレワークはできない?難しい?その課題解決方法を徹底解説

クロノス 在宅コールセンター

コールセンターはオフィスにオペレーターが出社して、企業の専門的な電話システムで業務を進めていくことが一般的です。しかし、近年の働き方改革の推進に伴うデジタル化や、企業経営に多大な影響をおよぼしている新型コロナウイルスの感染拡大によって、コールセンター業務を在宅勤務・テレワークで行う業務フローを検討する企業が増えています。

コールセンター業務を在宅勤務・テレワークで実施するためには、いくつかの課題が存在します。そこで今回は、その課題について考え、課題解決方法のひとつとなる株式会社クロノスが提供するサービスを解説します。

コールセンター業務で在宅・テレワークをするのは難しいの?

コールセンター業務を在宅勤務・テレワークで実施するためには、下記のような課題が存在します。

コールセンター業務を自宅で始めたいけれど、低音質やセキュリティが心配
オフィスの装備と自宅の装備は異なるので、低音質やセキュリティ面が心配です。

今までと同じようなコールセンターのシステムを使いたい
社員の立場で考えると、オフィスと同じシステムを使用できて、同じ作業手順で仕事をできるかどうか不安になります。

すぐに導入したいけれど、初期投資が難しい!コストを抑える方法は?
コールセンターのテレワーク化(在宅勤務)の必要性は分かるが、初期投資をする資金がないため導入は難しい、コストを抑える方法がわからないと現実化は困難になります。

株式会社クロノスでは、コールセンター業務を在宅勤務・テレワークで実施するための課題が解決できる在宅コールセンターシステム「T-MacssHomeCloud」を提案しています。T-MacssHomeCloudは、在宅コールセンター業務の心配や不安、注意点を解決する解決策のひとつになります。

在宅コールセンターは、企業が現在対応を行わなければならない新型コロナウイルス対策の面でも、近年の社会環境に対応していくうえでも、導入を検討する価値のある取り組みです。

※T-maccsHomecloudの資料請求は下記のリンクから
T-MacssHomeCloud

コールセンターの運営でポイントとなるのが電話対応にかかるコストの問題です。コールセンター業務を在宅勤務・テレワークに移行させた時もいかに電話対応業務の品質を保ちながらコストを削減するかという課題は大きな悩みです。

次章では、電話対応業務にかかるコストを安く効率的に行うための解決策として、「通話の課金の見直し」のためのサービスである株式会社クロノスが提供するT-macssLINEを解説します。

T-macssLINEとは?

T-macssLINEとは、株式会社クロノスが提供するIPネットワークを利用した、1秒単位の課金で通話コストの削減ができる 高品質型電話サービスです。

T-macssLINEは、各大手通信事業者と大口割引制度を利用し、1秒ずつで清算をすることにより マイコールがお得となり、現在の通信費を大幅にコストダウンさせることが可能です。また、大手通信事業者の正規代理店だからこその安心もお届けします。

T-macssLINEが安くなる仕組みとは?

秒課金という言葉を聞いたことがあるでしょうか。T-macssLINEは、秒課金の効果を最適に引き出すサービスです。コールセンターにとって電話は最重要のビジネスツールです。一方で通話料のコストは膨大です。通話を秒単位で課金するT-macssLINEを導入することで通話料を大幅にコストダウンすることができます。

最適課金単位を採用することで、使っていない分の料金まで払っている状態から、使った分だけの料金のみを支払う状態へと改善することができます。

たとえば、一般的に使われている3分課金の電話サービスから、秒課金の電話サービスに切り替えることで、コスト削減という大きなメリットを得ることができます。

通常、電話の平均通話分数は、1分30秒ほどです。特に、営業系の企業様、テレアポをされる企業様では30秒未満で終わる通話が90%以上を占めているといった統計データがあります。

一般的な電話では3分単位で課金されますので、3分以内の通話でも3分の通話料が課金されます。通話が3分以内で終わったのに3分分の通話料金がかかってしまうのはコスト的に大きな問題です。

これを解決する方法として注目されているのが、通話の秒課金サービスです。秒課金では、秒単位で課金されますので、話した分だけの通話料で済むため、大幅なコスト削減が可能となります。

T-macssLINEは、各大手通信事業者と大口割引制度を利用し、1秒単位で契約した回線をお客様に再販提供する事で低コストを実現しています。通常契約する分単位の課金方法と比べると、通話料を圧倒的に安く提供する事が可能です。

T-macssLINEが選ばれる理由とは?

ここではT-macssLINEが選ばれる理由を紹介しましょう。

話した分だけの料金
T-macssLINEの「1秒通話」は、利用した分のみの請求となります。30秒通話された場合は、30秒分のご請求しか発生しません。本当に使った分の請求額に抑えることで、通話料金を大幅に削減します。

0120フリーダイヤル・0800フリーコールご利用中の番号でも利用できる
T-macssLINEは、0120フリーダイヤル・0800フリーコールご利用中の番号でも利用できます。お客様が入居するビルなどに、特定の通信事業者しか引き込めないといった制約がある場合でも、インターネットを介して、大手通信事業者の着信課金などのサービスを利用できます。

他社サービスをご利用の場合でも、現在ご利用の番号を変更せずにご利用いただけ、エンドユーザー様のダイヤル方法は変わりません。

短期間でも使える
T-macssLINEは、短期間でも使えます。繁忙期だけ利用したい場合や、問い合わせが増えてきた場合などで試験的に使用してみることも可能です。契約期間は1カ月単位でできますので、必要な期間のみの契約で運用コストを下げられます

サポートが充実している
各大手電話会社の再販売回線ですので、サポート体制も万全です。国内主要キャリアのすべてから認定を取得しており、品質に自信があります。

課金の単位は、導入前に料金シミュレーションを行いコスト削減をご確認いただいたうえでご契約いただきます。

導入前に無料で動作のテスト用回線をお試しいただけます。また、当社がキャリアへの対応を行うためお客様ご自身でのご要望ご相談対応の心配はございません

他の便利なシステムと連携した対応が可能
T-macssLINEは、他の便利なシステムと連携した対応が可能ですので、電話まわりの課題をトータルで解決できます。クラウドPBXシステム、機器、回線、構築から運営まで総合的なご提案をさせていただきます。

たとえば、オンプレミス(お客様宅内に電話回線を引き込み)やクラウド(データセンター経由で発着信)にも対応しております。

コールセンター業務を在宅・テレワークで行うことができる!

コールセンター業務を在宅・テレワークで行う流れは、働き方改革の推進のためのデジタル化が引き金となり、さらに新型コロナウイルスの感染拡大が加わり、加速しています。ウィズコロナの時代にはコールセンター業務を在宅・テレワークで行うことは、企業経営にとって必要な取り組みになってくるのではないでしょうか。

株式会社クロノスでは、コールセンター業務を在宅勤務・テレワークで実施するための課題が解決できる在宅コールセンターシステム「T-MacssHomeCloud」を提案しています。さらに、コールセンターにとって最重要の課題である通話料金を通話を秒単位で課金する「T-macssLINE」を導入することで、大幅にコストダウンすることができます。

※T-macssLINEのお問い合わせと資料請求は下記のリンクから
T-macssLINE